株式会社マルタ設計

当社について

ビジョン VISION

マルタ設計は、1960年開設以来建築設計事業を通し、
「誠実を基本として」
「絶えざる技術の練磨を」
「地域社会に奉仕する」
という一貫した姿勢で業務に取り組んでまいりました。そこには戦災から街を興し建築を追及していくことで、わが国の活力を再生させたいという創業者丸田操の強い意志が現れています。
幸いなことにわが国は目覚しい高度成長を遂げ、今では低成長成熟社会が到来しています。
成長から成熟へ、開発から持続へと転換が進むなかで、マルタ設計は設立以来の姿勢を堅持しつつ、所員の専門知識及び技術力の向上はもとより、社会やお客様から寄せられるニーズにも的確に応えてまいりました。

しかし、低成長成熟社会を迎え、スクラップ&ビルドを繰り返してきた「建築」の社会的な役割が大きく転換しています。建物をストックする責任や、地球環境への配慮、言いかえれば歴史や時間に対する責任を正面から考えねばなりません。
マルタ設計は、建物を社会資源と捉え、経年劣化する建物を多様な手段を駆使し再生していく = 「再建築 (Re-Architecture)」 がこれからの時代ニーズであると考えています。
実際の再建築とは、建物の累積実用価値を最大化するため、改築やリニュアルを初めとしたあらゆる再生手段を駆使することです。そのため、新築設計と同程度に建物管理や再生策を重視するとともに、空間のデザインとあわせて実用価値のマネジメントを進めていきます。
こうした中で、建築設計コンサルタント業務は、これまで以上に幅広い技術と深い見識が求められます。

低成長成熟社会での豊かさは、個人や企業においてその形はさまざまです。マルタ設計はお客様一人一人の多彩な豊かさをより向上させるために、品質はもちろん顧客満足度を高める体制づくりを進め、「再建築」を志向する建築設計コンサルティング・ファームとして、総合的な質の高いサービスを提供していきます。

  • 株式会社マルタ設計
  • 株式会社さくら管財
  • エポネット株式会社